・・・・もう四半世紀以上前になるのか。東京のド下町で生まれ育った筆者にとり、駄菓子屋で「100円もんじゃ」(少量のキャベツとあげ玉+小麦粉ONLYみたいなもんじゃ。通は駄菓子でトッピングを施す)を頼む事は、超絶なアドベンチャーだった。なぜなら、駄菓子の相場は10円 ...