埼玉県所沢市。

ユリ目ヤマノイモ科である野老(ところ) が群生する湿地帯⇒野老澤(ところさわ)から名付けられたと言われている市名の由来。お~シブい!!

県西部一帯や秩父までをもカバーするハイソな西武鉄道(西武池袋線・西武新宿線)が合流する所沢駅前に本社を置く西武ホールディングスの威容は、まさに「レオが咆哮」が如し。
県民の誇り埼玉西武ライオンズは、今年もバッチリの仕上がってますよ~!

「このへんないきものは、まだ日本にいるのです。たぶん。」

時を経ても色褪せぬキャッチコピーは秀逸の極み!
国民的な映画といえる「となりのトトロ」の舞台になった狭山丘陵を悠々と流れる柳瀬川に抱かれし市域に人口約34万人、県下NO5の人口を擁する旅情感あふれる特例市。
DSC_2077
(トトロ出てきそう~・・市域を歩けば由緒ある「なにか」にあえるぞ~)

今回紹介する駄菓子屋は2017年3月、以前からやられていたハンドメイド+雑貨のお店を大改装してリニューアルOPEN!

店主が幼き頃通っていた駄菓子屋や、つい最近まで近所で営業されていた駄菓子屋へのリスペクトを胸に、新たな子供達の居場所になっている駄菓子屋「セサミ」です!
DSC_2098
(ハンドメイドの入口は向かって左手、駄菓子屋は右手よりの入場だ)
DSC_2100
(入口には駄菓子のPOPが貼られている。楽しそ~!!)

左右に1対ずつ扉があるの分かりますか?
そう、「セサミ」は左右扉体制で姉弟運営のお店。

左手より入場⇒お姉さん(おばちゃん)担当のハンドメイドや輸入雑貨コーナー
右手より入場⇒弟さん(おじちゃん)担当の駄菓子・駄玩具・創作料理コーナー

御二人とも「おばちゃん・おじちゃん※以下そう記載」と呼ぶには抵抗がある程にスタイリッシュで若々しいのですが、例によって便宜上ですのでお許しくだされ(笑)。

子供達を筆頭に、お客さん達は自分の買い物の用途に合わせ、左右の扉のどちらかから入店するわけですね!

そうそう。
「セサミ」とはゴマって意味。

店名の由来は子供達に「開け~ゴマ!」的、気軽に楽しく入ってきて欲しいって意味が込められているのだそう。
素晴しいっしょ!!
DSC_2083
(どう?この感じ!駄菓子と雑貨が見事に融合。楽しいでしょ~!)
DSC_2085
(イカ系駄菓子パッケージに詰められしドール達。なんてシャレオツなんだ・・・)

ひっきりなしに子供達が押し寄せる週末の夕暮れ時、筆者が訪れたのは「セサミ」が超絶に大忙し・・・
そんな時間帯でした。

「あ!!土橋さんですか!ようこそ×2、お会いできてうれしいですよ(笑)」と満面の笑みで迎い入れてくれた弟さんもとい、おじちゃん。

メール上ではやり取りがあり、探訪できる日を虎視眈々と狙っていたので、嬉しい気持ちは筆者も同等ッス!

「小さい頃、僕達姉弟の地元は川崎だったんですけど。よく行ってた駄菓子屋で自ずと学ばせてもらった『挨拶・ありがとう・ごめん』を、ここで子供達に柔らかく伝えられたら!と思ってます。この町の住人の方々は皆さん理解があって、子供達が少し騒いでも『元気があってよろしい』的に微笑んでくれてるんです。ありがたいですよ~」

創作料理「たこせん」を手際よく作り、それを子供に手渡しながら筆者に思いの丈を話してくれました。
いや~いいですね!
DSC_2093
(ミニオンズが睨みを効かす駄菓子ランド。どこにいるかわかる?)

それにしても「セサミ」。
駄菓子の配置やラインナップ、和洋折衷スタイルの内装がカッコいいのなんの。

「弟が色々と試行錯誤を重ねながら、店内をいじってます(笑)。楽しそうにやってますよ!」
カッコいいレイアウトの妙を尋ねるとおばちゃん、次々訪れる子供達の対応に追われる(でも楽しそうな)おじちゃんを見ながらナイスアンサー。

駄菓子サイドだけじゃない『セサミ』の魅力は、おばちゃんプレゼンツのハンドメイドの逸品にも詰められています。

中でも筆者が思わず「う~む・・」とうなってしまった程の作品をご覧ください。
DSC_2094
(駄菓子の空パケに新たな息吹を吹き込む。まさに神業なり!)

本来捨てるはずのモロッコフルーツヨーグルやクッピーラムネの空パケ。
それらを新たに息吹(中身をクリーニング⇒制作)を吹き込み事により、可愛らしいアクセサリーへと転生させる・・・そのセンスはまさに天性そのもの!

「来てくれる皆さんのおかげで毎日楽しく過ごせています!子供達だけじゃなく、一緒に来てくれるママさん・パパさんにも安心して楽しんでもらえる「セサミ」を、これからも続けていきたいです。」

そう言って笑う姉弟の温かな笑顔を前に、筆者の心もすっかり「セサミ」に開け~ゴマ!してしまったのは言うまでもありませんよね(笑)

皆さんも、「となりのトトロ」の舞台ともなった所沢で、あの時代とは言わずも少年・少女時代の大切な思い出を開け~ゴマ!しに、「セサミ」に訪れてはいかがでしょうか!

駄菓子屋「セサミ」アクセス
埼玉県所沢上安松891
西武池袋線「秋津」駅・JR武蔵野線「新秋津」駅・「東所沢」駅 より徒歩15分くらい