兵庫県尼崎市の高岡食品工業㈱が誇る、【TAKAOKA】ブランドの麦チョコ。


筆者の大好物でもある【いちごむぎ】をはじめ、フレーバーも末広がりに展開中ですが、その生誕は1972年(昭和47年)

この度、生誕50周年を記念して!!

2022年7月1日、【麦チョコの日】制定施行でございます

おめでとうございます〜
むぎチョコ13g
(写真はTAKAOKAのHP参照。麦の旨味とチョコのビターさが絶妙のコンピレーション)
a3mugichoco02
(一粒一粒、しっかりとチョコがコーティング。しっかりした仕事を50年!)

今の様に、グレートな冷暖房が普及する前だった半世紀前。

夏場に売場から姿を消すチョコレートの代わりに何かないか??と考えていたところ、馴染みの問屋筋より『麦とチョコの合作は?』とアイデアを貰った事より開始された麦チョコへの挑戦。

当時、麦にチョコを均一にコーティングする技術は相当に難しく、試行錯誤の末に辿りついたのが、今輝きを放つTAKAOKAブランドの【麦チョコ】なのです。

その後、🍓パウダーの開発・コーティングにも成功し、麦チョコにとって【青は藍より出でて藍より青し】の代表的な一例(笑)、【いちごむぎ】が誕生しました。
a3itigomugi01
a3itigomugi02
(袋を開けた刹那に香るいちごパウダー。本気で美味しすぎるよね)

機械化・自動化が進んだ現在も、その日の湿度・気温からチョコの配合量・融着時間・エトセトラを調整するのは、TAKAOKAが誇る財産である職人軍団というのだから、頭を実るライ麦が如く垂れるのみなり。

「社員一同の【麦チョコ】愛は本当に強いです(笑)。麦チョコサーバーのアイデアも新フレーバーへの挑戦も、今回の【麦チョコの日】の立案・制定も、社内起業の一貫で出たアイデアから生まれたんですよ!」と、経営企画室長の松田さん。

新フレーバー・【まっちゃむぎ】【バナナむぎ】【ホワイトむぎ】+【麦チョコ】・【いちごむぎ】を専用カップ内に好きな配分で入れ、持ち運びながら食べる事ができる【麦チョコサーバー】は、現在は工場直売につき。

尼崎市民や関西在住者はすぐ行けて、い〜な〜(笑)

筆者をはじめ、世の駄菓子好き男子・女子のみんなが愛してやまない【麦チョコ】シリーズを創る高岡食品工場の社員一同がみな、【麦チョコ】を愛してやまないなんて、こんな相思相愛ストーリーありますか??(笑)

【麦チョコの日】、本当におめでとうございます!

これからも美味しいチョコで日本を、アジアを、世界中を笑顔にし続けてください!!