静岡県裾野市。

昭和46年(1971年)、泉村・小泉村・深良村・富岡村・須山村を併せ市制がスタート。

箱根山、愛宕山、そして霊峰・富士山の【裾野】に広がる事が市名の由来!という、ナイスな名は体を表すスピリットに敬礼!!

本当に×4 ライオンだ〜!でおなじみ、【富士サファリパーク】や、富士山2合目の遊園地【ぐりんぱ】など、豊かな自然と融和したファミリー層に人気のスポットが目白押しな一方、都心へのアクセスの良さから多くの企業の誘致に成功し、県内屈指の製造業出荷額(一人あたり)を誇る工業市へと躍進。

それは、世界の【TOYOTA】も自動運転⇔ロボ⇔住宅⇔人がインターネットでつながり、それを元に最適なサービスの提供・向上を目指すToyota Woven City構想の実験地に選びますって。

人口約5万人。
美しい黄瀬川の流れと、日本一の山・富士の裾野に抱かれた、静岡県東部の町。
DSC_1595
(黄瀬の流れが生んだ【五竜の滝】。市内中心部にある奇跡のWater-fall)
DSC_1598
(【五竜の滝】に掛かる吊橋。かなり揺れるが度胸試しに丁度よい!)

カフェあり、庭あり、射的あり。
遊ぶ子供の笑顔あり!

今回は、その裾野市・深良エリアで創業2年目(2021年現在)を迎える、だがしや【陽だまり】を紹介します。

子供たちはもちろんのこと、ママ・パパも、ジジ・ババも、みんなが楽しめるサンライズな空間、とくとご覧あれ!
DSC_1593
(国道沿いからも良く目立つ。【陽だまり】のロゴ。カッコいい〜!)
DSC_1589
(自宅の一角を開放している【陽だまり】。車が来ない安全地帯)

店の前、と言っても、【陽だまり】自体が店主の自宅敷地内部にある為に、自由にはしゃぎ回っても無問題(モーマンタイ)スタイル。

ベンチや椅子だけではなく、小型のスベリ台やシーソーまで完備してありまして。

遠くに望む🗻や駿東の山々に周りを囲まれていると、あたかもアルプルの少女気分になってきます。

く〜。
そのあたり、写真を撮り忘れたのが惜しすぎる(笑)

気を取り直して‥

店内をのぞいてみましょう!
DSC_1585
(棚も机も環境に優しい木製の「木洩れ日」仕様なり)

「【陽だまり】は、『陽子』という自分の名前から付けました。祖父が名付けてくれたんですよ!」

と、お店の名の由来を話してくれた店主・大庭陽子さん。

「私の名前、短くすると【太陽】になりまして(笑)。子供達にとって、そんな太陽の陽だまりの様なお店を目指してます!」

机も椅子も駄菓子棚も‥
お友達が作ってくれたという木製ログスタイルの家具が、春の日の陽だまりが如く柔らかで温かい‥

筆者とは、Instagramで親交のある大庭さんですが、ゴルフコンペが裾野であった際に、アプローチさせてもらったという訳です。

閉店時間ギリギリだったのですが、快く出迎えてくれた大庭さんは、まさに【陽だまり】の様な温かさでした。

あっ。そうそう。
店の外にあるシーソーなどもお友達が作ってくれたTHE・ハンドメイドな傑作だそうです。

すごいですよね!!
DSC_1578
(ドラえもんが密かに見守る。こういう遊び心もGoodなり)
DSC_1580
(この棚の中。実に近所のママさん方のハンドメイド商品なのです)

「子供は国の宝。だから地域みんなで育てなきゃね。」

そう話す大庭さんは元々幼稚園の先生。

引退された今、自身のお孫さんだけではなく、店に遊びに来る子供達みんなにとっても優しい『ばあば』の様な存在なのです。

さらに、ママさん方にとっても頼れる存在なのは言わずもがな。

「この棚の中、飾りではなく展示品です。
近所のママさん達の趣味やハンドメイドの商品を置いてまして。1コーナー≒500円(1ヶ月)で貸出中。その代金は店の冷房(暖房)代になるのね(笑)。販売されたらその分をママさん方に支払ってます。」

まさにWinWinな関係!

絵本コーナー・ままごとコーナーで、子供達に遊んでもらって(笑)。

カフェでホッと1杯つきながら、自身が手掛けた品々の売行きをチェックしながら談笑できるハイブリッドな仕組は特筆すべき事でしょう!
DSC_1586
(本物!じゃありませんよ(笑)射的ゲーム用のピストルでこざいますYO)
DSC_1587
(ソファーを挟んで的を射よ!射的ゲーム3玉≒50円)

ソファーの向こうに聳える駄菓子を射落とすべし。
50円で3玉。
狙いを定めて、いざ勝負!

筆者の知る限り、東京辺りの縁日では5玉≒500円が大体の相場。

それを、激安で体験可能とは、恐れ入りましたわ。

「全部外れても『うまい棒』を1本プレゼントしてるから(笑)」

何という、救済措置!
ここにも【陽だまり】の如く優しさが隠されております(笑)

縁日でとれもしないお菓子(おもちゃ)めがけて、純銀レベルの高価な玉をぶっ放して大金使っていた愚息に【陽だまり】へ射的修行を勧めてみようと思いました(笑)

皆さんも、富士の裾野の温もり、駄菓子屋【陽だまり】へ遊びに行かれてはいかがでしょうか!
DSC_1593

だがしや【陽だまり】アクセス
静岡県裾野市深良160-1
営業時間=インスタグラム【陽だまり】を要チェック