【CHUP CHUP DOCE DE LEITE】がSweeter Than Foreverな件。

おっと、失礼。

CHUP CHUP DOCE DE LEITE】とはポルトガル語です。
『チュピ チュピ ドーゼ デ レイテ』と発します。

意味はわからなくても、チュピチュピって感じから、「チューチュー吸う感じの飲み物かなにかかな?」と思われた方、「マチュピチュ(Machu Picchu)みたいな古代の遺跡かな?」と思われた方、いらっしゃると思いますが、お菓子でございます。

CHUP CHUP≒チュピチュピ(ソースの意味もある)
DOCE DE LEITE≒コンデンスミルク(加糖練乳)

日向君のドリブルの様にかなり強引に訳せば、練乳チューチューと言った所でしょうか。ですので、以下は【チュピチュピ】と書かせて頂きますね。

とにかく甘い。甘すぎるぜ!と思いましたが、練乳をそのまま食べる(飲む)と、強烈なパッションスタンピートが口中を駆け回りますよね、甘すぎて。
そんな感じでしたわ。

と、いきなり文面からの紹介で申し訳ございません。

南米大陸No1の人口(約2億1250万人)、経済規模、国土面積を誇るサッカー王国・ブラジル連邦共和国🇧🇷(Federative Republic of Brazil)プレゼンツ。

サッカー・カナリア軍団のパス回しが如く、お菓子のレベルも超ハイQualityなので刮目して見ておくんなまし。

日本のブラジル】こと、群馬県大泉町(邑楽郡)で出会ったBrazilian sweets【チュピチュピ】をChupchup吸いまくりましたYO!
DSC_1349
(一見なんだかわかりませんよね‥茶色がピッナッツ味・黒はチョコ味です)

正直、見ただけではなんだかわからない代物ですが、ご丁寧に一つ一つに貼られる成分表示から、上記の黒っぽいのがチョコレート味(Chocolate)、下記のブラウンがピーナッツ味(Peanuts)と判別可能。

残る疑問は、「コイツをどう喰らうか」問題一択!ですが、そういう時はブラジルの方に聞けば良い訳で‥(笑)

いつもお世話になってます。
群馬のブラジルこと、邑楽郡大泉町にある【アソーゲタカラ】の店員さんに聞いてみたところ、「普通に端を噛んでそのまま中身を飲む人もいます。パンに塗ったり、スープに入れて味付けしたりする人もいます。あっ。ハサミで切らないほうがいいかも‥一気に垂れるから‥」と超訳ですが流暢な日本語で教えてくださいました。
確かに、✂で切ると吹き出してきそうな、はちきれん感のNice Bodyしてますよね(笑)

早速食べてみましたが、先述の通り甘い。

邪道とは思いましたが、どんな感じかを視覚的にお見せしたく、お皿にとりましたのでご覧くださいませ
DSC_1350
(チョコレート味はこんな感じ。ムースとかそれに近い感じ)
DSC_1351
(ピーナッツ味はこんな感じ。少しドロドロでジャムに近い感じ)

製造メーカーは1987年創業。
南米のみならず、南半球No1のメガシティ・サンパウロ(Cidade de São Paulo)に本社を構える【Doce Mania】。

ケーキやパイ、ムースなどを手掛ける総合スイーツメーカーです。
南米の暑さをふっ飛ばす活力を得るためなのか?基本的に🇧🇷のSweets系は押し並べて甘いです(笑)  

一気に飲み込んでも良し、なにかにトッピングするも良し。

オールマイティに味わえる所は、【ミルクせんべい】などに塗っても美味し、そのまま食べても美味し、の東京下町・荒川区が生んだジャム系最高級の駄菓子【梅ジャム】を彷彿させますね。

1個=77円(税込み・2022年3月現在)。

1RS(レアル)=25.5
現地では1.5RSといった所でしょうか。

日本でも買える南米ブラジル🇧🇷のチューチューもとい【チュピチュピ】のレポでございました!
DSC_1349

Alô Brasileiros

【CHUP CHUP DOCE DE LEITE】ficou muito gostoso
No entanto‥
foi muito doce

Brasil e Japão Por meio de doces eu quero me dar bem

obrigado por ler
🇧🇷🇯🇵
ARIGATO