埼玉県草加市。

煎餅(せんべい)だけでは語れない、日光街道の宿場町としての輝き。

都心へのアクセスの良さ(東武スカイツリーライン⇒半蔵門線・日比谷線乗り入れ)と、恵まれた自然・子育てに優しい住環境が若年夫婦のハートをガッチリ受け止め、人気エリアへ躍進。

人口県下6位の25万、さらなる人口増を視野に入れ、かつての東洋一のマンモス団地だった松原団地もリニューアルを開始しておりますよ!

古池に蛙(かわず)飛び込むのも納得の千本松原など、風光明媚な松尾芭蕉翁所縁のスポットは必見!
綾瀬川・毛無川を挟んで東京に隣接する、歴史と文化・自然に彩られた街。
DSC_2699
(松尾芭蕉に見送られ、歩く草加の美しさ。景勝地・千本松原にて)

今回はその草加市・金明町で昭和50年(1975年)に総合食料品店として創業。

先生だった先代が大事にされていたのは、買い物を通じ子供達の自発的な成長を見守る『飴玉教育』です。

その理念を継承し、今や子供達・近隣の住民さん達にとってもなくてはならない貴重な存在になっている駄菓子屋『鈴木屋』さんを紹介します。
DSC_2684
(コカ・コーラとタバコの自販機が目印。住宅街の角地にある『鈴木屋』)
DSC_2677
(正面より撮影。ドアにはゴミの注意や子供達が書いた絵も貼られているよ)

東武スカイツリーライン「新田」駅を降り、閑静な住宅街を歩いていくと見えてくる『鈴木屋』。

「面白くて温かいおばちゃんだよ。雰囲気も良いしね。扉や店内に、注意書きや絵・シールとか、色々なものが貼ってあるから見てみなよ!」

親子2代に渡り『鈴木屋』の常連だと言う知人から教えてもらい、いつか行きたいな〜と思っていた筆者。

ガラス張りのドアには噂に違わず「ゴミ、田んぼ・空地・公園などに散らかさないで」・「マスクつけて 手を消毒して!!」などの注意書きや、「開いてるよぉ〜」や絵なども貼ってあり、明らかに数人の違う筆跡で書かれているとわかりました。

子供達が書いたな~(笑)

さて。
それでは、店内に入ってみましょう!
DSC_2683
(正面に駄菓子。奥にアイスボックス。手前に冷蔵庫。最強布陣なり)
DSC_2670
(ドアの反対側もすごい(笑)。子供達の自由な表現が守られているね)

向かって正面に駄菓子類が鎮座し、右手奥に夏に重宝必死なアイスBOX。

右手手前にこれまた夏場は大活躍の冷蔵庫完備、もちろん上段には凍らせたあんず棒・ゼリーが貴方の事を待っていますよ〜。
冷蔵庫に「扉をきちんと閉めてネ!!」の注意喚起が貼られているのはロンのモチ。

「シールは子供達か勝手に貼っていて、気付いたらこんな感じになってました(笑)。
小さい店だけど、うちには色んな人が来てくれます。子供達・ご近所さんや、現場仕事の人達に、大人になった昔の悪ガキ(常連)達もね(笑)。」

毎日多くのお客さんと接するおばちゃん、こう続けます。

「いつも皆さんからは様々な話を聞かせてもらってます。毎日勉強ですね。そう、あなたが来て色々な話をしてくれたのもそう。この年になっても毎日勉強!です(笑)」

子供達、いや、かつて子供だった我々にとっても、最良の学び舎である(あった)はずの駄菓子屋。

しかし、逆におばちゃんは「教えてもらってる」という気持ちを持ち続けていたなんて・・・

実る稲穂が如く、頭(こうべ)を垂れますよ・・・
DSC_2680
(店の床が古くなった時、張り替えてくれたのは、かつてのいたずらっ子でした・・)

先代である義理のご両親を看取られた後、自身の仕事に一区切りをつけ2代目となったおばちゃん。

「昔は結構怖かったかも(笑)。いたずらする子は叱ったりしましたよ。その当時の反省ノートは今でもしっかり持っています!」

隣近所の住人はおろか、実の両親からも怒られた事がない子供達が増えている中で、『鈴木屋』では駄菓子販売を通じ活きた教育(飴玉教育)が今でも自然となされていたんだと実感しました。

子供達もそれを感じ取っていたはず。
なぜなら、店の床が古くなった際、張り替えてくれたのは立派な若者に成長した、かつての『いたずらっ子』だったのだから・・・
DSC_2681
(冷えたアイスは最高の馳走なり!筆者も子供の頃はよく食べましたYO)

帰り際。
おばちゃんにお礼を言うと、「こちらこそ、本当にありがとうございました。とても勉強になりました。またお近くに来られた際はぜひ!体が続くうちは店も続けていきたいと思っていますので。」と逆にお礼を言われ、頭が下がる思いでしたよ・・

子供達を愛し、子供達に愛される。
時に厳しく、いつも和やかに。

人と話をする事=大切な勉強!と思い続け、日々精進されているからこそ、それができるのだと思いました。

こちらこそ、本当にありがとうございました。
筆者も日々是勉強の精神で、これからも駄菓子屋・駄菓子問屋・メーカーさんはじめ、多くの事を色々と学ばせて頂こうと心に誓いました。

金明町の素敵な人達が集うお店『鈴木屋』。
皆さんも、コロナ対策を万全にし、訪れてみてはいかがでしょう!!

『鈴木屋』アクセス
埼玉県草加市金明町1214