大阪市(人口約270万)を抑え、市町村NO1の人口約370万を擁し、東京23区に迫る18区の恋人も濡れるシャレオツな街角(行政区)を誇る湾岸都市横浜の1区・鶴見区。

薩英戦争の発端になった「生麦事件」の凄惨な記憶は鶴見区民にとっちゃ過去の物。

石原裕次郎さんの墓所があり、分かりやすい説法で市民に滅法愛されている曹洞宗総持寺や、オシャレな橋NO1の横浜ベイブリッジ+鶴見つばさ橋に見守られし港湾エリアの景観はお見事!

お隣川崎市との地続きであるが為に「ここって、川崎なのではないか?」と一度は思った事がある(可能性が高い)約29万の区民と、悠々流れる鶴見川を中心に古き良き横浜の風を色濃く残す街。
DSC_2151
(神奈川県と東京都を繋ぐ京急線。沿線駅前の雰囲気が独特かつ趣があってシブい)

今回はその京急線「生麦駅」の駅前に広がる生麦駅前通り商友会で、終戦後に「こんにゃく工場」としてOPEN。

以来70有余年…

工場から店舗へ。
こんにゃくから駄菓子・駄玩具へ。
時と共に姿を変えながら、生麦の町に根付いた「大野屋」をご紹介します。

※夏場にところてんは販売中。とても美味しいと地元で評判。
DSC_2163
(『大野屋』の看板の横に「こんにゃく・ところてん・おでん」と書かれている)
DSC_2162
(キティちゃんの暖簾がカワイイ件。ファンシーな入口でしょ!)

「こんにゃく製造卸 小売」から始まり「ちくわ、しらたき、ところてん、おでんetc…

『大野屋』の看板に書かれた品名から、惣菜系のお店かと思いきや、愛くるしいキティちゃんの暖簾と中に鎮座する駄菓子達が「おいでおいで」と手招きしている(気がした)ので筆者、店内に吸い込まれてしまいました(笑)

「いらっしゃい」

店の中から、生まれも育ちも鶴見区生麦。
ご主人亡き後、御両親と共に店を切り盛りしてきた、2代目であるおばちゃんがニコニコと対応してくださいました。
DSC_2152
(中に吊るされた玩具達がシブい。イカ系駄菓子のパケを有効活用)
DSC_2157
(おはじきにビー玉、ボール類も完備。ゆっくり見ておくんなまし)

夏涼しく、冬暖かい。
日本由来の土間空間(半コンクリ仕様)の過ごしやすさ、エコの観点からも今一度注目されてもいいのでは?

そう思わずにはいられないほど、「大野屋」店内は土間のナイスな香りに包まれていました。


香りだけではなく、駄菓子・駄玩具を取り囲む様にセットされる機器類の数々に目も奪われた筆者に気付き、おばちゃんは。

「あー。これ?(笑)うちは昔こんにゃくの製造+販売をしてて、ここで作ってたんですよ。今は作ってはいませんが、まだまだ現役!動きますよ(笑)」と、スイッチを可動させ往年の製造Motionを見せてくださいました。

その動き…
しばし魅せられてしまった事は言うまでもありませんね。
DSC_2153
(工場制手工業(マニュファクチュア)の真骨頂。まだ可動する事に驚き)
DSC_2154
(往時の面影を残す店内。大に○の暖簾はおばちゃん考案なり)

キリンビール横浜工場をはじめ、鶴見の玄関口だけあって港湾地区に多くの工場を擁する生麦。

マイカー通勤が今ほど盛んではなかった頃は、多くの工員・社員が駅から「大野屋」前を通って通勤していたそうです。

「当時は今みたいにコンビニもなかったですからね。毎朝通る工員さん達のリクエストを聞いているうちに、どんどん増えていきました。パンが増え、弁当も一時期扱ってたんですよ!」

こんにゃくなどの製造販売を軸に、惣菜や小間物なども扱い始め、20年ほど前からラインナップに登場したのが駄菓子!!
顧客層も大人から子供達へ移り始めるにつれ、リクエストも増えたがゆえに駄玩具類も置くようになったそうです。

人に歴史あり!
これは人を「店」に置き換えても十分説得力ありますね!
DSC_2156
(『はいからボール』くじを引き1~100までの番号で大きさの違うボールをGETせよ)

「人と人とが触れ合える『商売』が好きなんでしょうね、私自身が(笑)。これからも体が元気なうちは続けていこうと思います!」

そう言って笑うおばちゃん、御年70歳(令和元年現在)。
様々な年代のお客さんと話すからでしょうね。とても若々しく溌剌とされていました!

筆者、夏場の暑い日には、食物繊維バリバリで栄養満点なところてんを食べに伺おうと思いました。

京浜工業地帯の一翼を担い、歴史の表舞台にも登場する生麦エリア。
皆さんも歴史探索・町歩きの際には「大野屋」で懐かしき味に触れてみてはいかがでしょうか!

「大野屋」アクセス
神奈川県横浜市鶴見区生麦1-10