東京都足立区。

 奥州街道・日光街道の宿場町であり江戸四宿の一つだった「千住宿」は、世界遺産(World Heritage)『日光の社寺』へまっしぐらな特急スペーシアを擁する東武鉄道をはじめ、JR・東京メトロ・つくばエクスプレスが行き交う一大ターミナル・北千住駅へと変貌!

いつでも参拝客でにぎわう関東厄除け3大師の一つ「西新井大師」や、縁日などで有名な元祖超B級ソウルフード「文化フライ」など、隅田川・荒川に洗われた義理人情と歴史・文化が見事に溶け込む、人口約69万人、「世界の北野・足立区のたけし」を育んだ都内屈指の下町エリア。
DSC_1991
(今や都内で住みたい街ランキング上位常連の北千住エリア。栄えすぎて眩し~!)

今回は、雑多ながらも住みやすい環境や都内中心部へのアクセス良好さが若年世代の心をガッツリ掴み、首都圏住みたい街ランキングに名を連ねる様になった千住エリアより。

昔ながらの路地を残す千住仲町で令和元年(2019年)9月OPEN!
って、ついこの前の事ですね~。

子供達の楽しげな笑い声が路地裏にこだまする「だがしや キャッキャッ」を紹介します。
DSC_1983
(お孫さんプレゼンツの『キャッキャ』の手書き看板。クオリティ高し)
DSC_1977
(軒先から一気に拡がる駄菓子屋ワールド。Romanticが止まらない!)

入り組んだ路地裏を駄菓子を片手にするする駆け抜ける子供達の存在が無ければ、辿り着けたかどうか…

「足立区・千住仲町の路地の中に『キャッキャ』という駄菓子屋がOPENしました。是非行ってみてください!」と言うブログ読者様からのタレこみを受けて、或る日の日暮れ時に『キャッキャッ』探しのアドベンチャーに挑戦!しましたが中々見つけられず・・・

こちとら元下町は浅草BOY!
諦めてたまるか~!と息巻いていたところ、前述の子供達に遭遇⇒無事に辿り着けたという流れでございます。ハイ。

店の前ではやる心を深呼吸して落ち着かせ、店内に入ってみると、都内では珍しい広くオシャレな中庭で小学生のGIRL達が楽しげにきゃっきゃと遊んでいる所でした。
DSC_1971
(まさにバビロンの庭園。イートインも出来る中庭はスゴいに尽きる)
DSC_1973
(軒先にも駄菓子が進出。『子供達に人気のをここに(笑)』とおばちゃん。)

「イタリア語で『ワイワイおしゃべりする』という意味の『キャッキャッエーレ(Chiacchiere)』から、店の名前を付けました。でも、それを全面に押し出しても良いかも(笑)似たような意味だし」

子供達の『キャッキャッ』と言う楽しげな声が響く店!が店名の由来?と尋ねる筆者の質問に、ユーモア満載に答えてくれたのは、店主であるおばちゃん。

一人一人の話に相槌をうち、子供達に寄り添う姿には感動すら覚えましたが、元々おばちゃんは会計事務所でバリバリ働いていたキャリアウーマン!
定年退職の後『自分のペースで・子供達と楽しく』出来る駄菓子屋開店を決意され、今に至るのだそう。

開店以来、「ほぼ毎日来てくれている!」と言う小学5年生の初代・常連さん達に囲まれて、楽しそうな笑顔を浮かべられていたのが印象的です!

子供達思い思いの事を白番に書いた落書き帳と言う名のアート作品や、軒先へも進出していく駄菓子など、子供達とおばちゃんが一緒に店を創り上げているのが良くわかります。
DSC_1978
(駄菓子の選定は、子供達と試行錯誤。リクエストの多いのがレギュラー選手に)
DSC_1981
(駄玩具類も同様。子供達の意見→売行きにより随時入替え実施中。)

筆者がおばちゃんに話を聞いている最中、駄菓子の事・学校の事・流行りの遊びなど、横からピンポイントで教えてくれる常連さん達。

おばちゃんとの距離が近く、安心できる居場所だからなのでしょう。
どこからどう見てもパーフェクトに怪しいオッサンである筆者に対しても、屈託のない笑顔と無邪気さ、そして少々の大人っぽさをブレンドした令和の小学生スタイルで色々と教えてくれました。
本当、楽しかったし感謝してますYO!皆さん。

しかし、そんな楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、夜の帳が下りて町に灯がともりはじめるPM6時前。

『キャッキャッ』の閉店時間(PM6時)も迫ってきたこの宵の始まりTIMEこそ、逆に店が色づく、今風に言えば『インスタ映え』の時間帯。

見てくださいYO
この幻想的な光景を!
IMG_20191105_193848_727
(こんな光景の中、風呂上がりに🍻出来たら最高やな)

映えるわ~!
このムードはヤバいぞ!!
閉店間際でも歓迎だ。来たれ、恋する学生諸君!!

そんなこんなで閉店際まで、色々とありがとうございました!
「儲け?ほとんどないですよ〜(笑)。でも子供達や、私の孫も手伝いに来てくれたりしますので、お金以上のものを皆から貰ってる気がします。元気もね(笑)」

笑う門には福来たる。

その言葉通り、よく笑うおばちゃんの愛に包まれ、子供達もよく笑い、回り回って皆が幸せBe Happy!

つられて筆者も年甲斐もなくキャッキャッと笑っておりましたよ。

歴史好き、昭和レトロ好きには堪らない東京下町・千住エリア。
町歩きのお供に、だがしや『キャッキャッ』で遊んでみたらいかがでしょうか!!

『だがしやキャッキャッ』アクセス
JR常磐線・東京メトロ日比谷線・東武スカイツリーライン・つくばエクスプレス 各「北千住駅」より徒歩8分
東京都足立区千住仲町31-14