千葉県浦安市。

かつて漁師町だった元町エリア(堀江・猫実・当代島)が合併して『浦安村』が誕生した際、初代・新井甚左衛門村長が「浦(海)やすかれ!」とスピーチした事が由来とされる市の名前。(浦安市HPより)

悠々流れる境川の懐に抱かれた市域は県下最少面積の17.3Km、県11位の人口約17万人ながら、全国トップクラスを誇る知名度・財政力!

それは、夢の都・東京ディズニーリゾートの存在がその立役者である事は否めないものの、東京近郊と言う地の利を活かしトラックが行き交う一大物流拠点である浦安鉄鋼団地の隆盛と、埋立地を高級リゾート風に開発・老若を惹き付け続ける住宅構成の3本柱がバランス良く並び立っているが故の偉業って事を知って欲しい。
古きと新しきが見事に融合する、まさに地方自治の鏡とも言える街。
DSC_0321
(元町エリアは下町情緒が感じられるWalkingスポット!歩くべし!)

今回は、浦安の元町エリア・堀江一帯の子供達を親子2代に渡り見つめ続け、今では近辺どころか浦安の子供達に愛され続けている駄菓子屋「重兵衛商店」を御紹介します。
DSC_0317
(緑のテントと自販機の赤、ガチャガチャ・ゲームの白が映える素敵な店構え!)
DSC_0319
(駄菓子屋ゲームも稼働中!目の前は公園だしロケーションは最高!)

重兵衛商店の歴史は戦後すぐの頃。
今年(取材時は2018年)76歳の現おばちゃんのお母さんである初代おばちゃんが小間物屋を開いた70年以上も前にスタートします!

初代の御主人、つまり、おばちゃんのお父さんが戦争で亡くなってしまい・・・

戦後の混乱期にまだ幼子だった娘を育てながらの開業、あの時代は皆がそうだったのかも知れませんが、初代も大変な苦労を乗り越えてきたんですね。

「目の前にある公園、昔は銭湯でした。昼は子供達、夕方以降は銭湯帰りの工員さんや漁師さん達で連日大賑わい!母と一緒でしたが、そりゃ大変でした。そうそう!共働きが多かったこの地区だから、熱が出たり、親の緊急の用事(仕事)で留守の際は、子供達うちに来てました。母も子供が大好きだったから、預かってたって言った方がいいかも(笑)。『重兵衛保育園』なんて言われてましたっけ(笑)」

往時を懐かしむかの様に笑うおばちゃん。
年を全く感じさせない若々しいパワーを感じるのも、子供達をはじめ、毎日多くの人と話し触れ合っているからなのかも知れません!
DSC_0309
(『ここ登って撮りなよ(笑)』。おばちゃんの御厚意に甘えベスポジより撮影)

エネルギッシュに輝いて見えるおばちゃんですが、実は2017年に入院された際に「このまま、店をたたもうか・・・」と思い、少しの間、店を閉めていたそうです。

しかし、その噂を聞きつけた子供達やその親御さんを筆頭に、地元を離れ各々のフィールドで活躍している『重兵衛商店』で育ったかつての常連さん達がサッカー日本代表のサポーターの様に「やめないで」の温かいエール・懇願を沢山送ってくれたそうで・・・・

おばちゃんはその想いを受けて「体が続く限り、店を続けていこう。みんなの為にも!」と奮い立ち、2019年も元気に営業中です。

こういう絆というか、何というか。
子供達を大切にし、その子供達からも大切にされ続ける・・・
ただの「売り買い」だけではない、こうした関係ってすごい素敵だなぁ~と、しみじみと感じ入りました。
DSC_0314
(浦安に重兵衛あり!その噂を聞いてメディアも多く来訪する名店!)
DSC_0312
(一番目立つ場所には地元の子供達が一生懸命書いた感謝状。この配慮に泣けてくるぜ!)

重兵衛商店は、過激に元気な小学生・大沢木小鉄君が主人公のドタバタコメディ漫画「浦安鉄筋家族」に出て来る駄菓子屋のモデルとしても知られています。

目の前に公園があり、多くの子供達が来店する見事な駄菓子屋スタイルは多くのメディアをも惹きつけ、店内には撮影に訪れた数多のタレントのサインが飾られてるんですよね~。

「どれもこれも思い出ありますよ~!みんな素敵な人ばかりでした。頂いたサインはこうして飾ってますよ!でもね、私の一番のお気に入りはこれ!(笑)」と、おばちゃんの視線の先を見てみると、地元の小学生が書いてくれた『感謝状』が、店の入り口に大きく飾ってありました!

これは・・・
渡した子供達、相当に嬉しいはずですぞ~!
DSC_0315
(イカ系のラインナップも豊富。子供達よ!良く噛むイカ系は顎の発育に必須だよ!)

「『おばちゃん!俺の事覚えてる???』なんて言いながら入ってくる子(大人ですよ)も、親子3代に渡ってうちに来てくれる常連さんもいますからね~。わるい事しちゃった子達を怒ってあげられるのも元気な内だけだし(笑)。体の続く限りは店を開け続けるつもりです!」

と、おばちゃんはひっきりなしに店に来る子供達と楽しげなやり取りをこなしながら、筆者にそう話してくれました。

エレクトロニクスなパレードや花火、日常を忘れさせる最高のアトラクションで大人も楽しめる夢の都・ディズニーランドがある浦安市にはもう一つ、子供も大人も楽しめる重兵衛商店と言うパラダイスがあります。

皆さんも是非行かれてみてはいかがでしょうか!

「重兵衛商店」アクセス
千葉県浦安市堀江3-13-1
東京メトロ東西線 「浦安駅」徒歩5分