1923年(大正12年)の今日。
9月1日お昼時。

南関東一帯を襲った未曾有の大地震・・・
調理に使用されていた「火」は悪魔に姿を変え、木造建築を主にする人口密集地を文字通り「灰」に帰し、10万5千人余りもの生命を奪い去った関東大震災

多大なる犠牲の上に、我が国は都市づくり・防災整備などの概念を学び、喉元過ぎればスピリッツを諫める為に9月1日を震災記念日(防災の日)として悲劇を語り続けています。

被害が甚大で、身元不明者を弔う東京都慰霊堂がある東京都墨田区と隅田川を挟んだ対岸にあるド下町エリアで育った筆者にとり、95年後の9月1日に同墨田区・横川に本社を置くやおきんさんの商品を紹介する事が、どうしてもただの偶然と片づける事と出来ず、震災に言及させていただきました。

関東大震災・東京大空襲と、最悪のクリティカルヒットを経験した東京の下町エリアより。

今回紹介するは、やおきんさんが放つ「SOUR(サワー)ロ~ングガム」です。
DSC_1364~2
(コーラ・グレープ・ソーダ(写真無)の3種類のフレーバー!)

1ヶ=10円(税抜き)
うまい棒シリーズと変わらぬ驚きの価格設定には、やおきんの駄菓子に掛ける小林旭さんレベルの熱き心が伝わってきますね。

コーラ・ソーダ(入手できず)・グレープ。
3種のフレーバーが君の味覚を急襲。

噛んで、噛んで、噛み疲れて眠るまで噛んで・・・みてくれよな!
DSC_1365~3
(袋から出すと・・・長いの分かるがルックスが・・・ってそこはスルーしょう(笑))

実にこの「SOUR ロ~ングガム」、微笑みの国・Thailand(タイ王国)が原産国。

かの東日本大震災。
アメリカ合衆国・台湾に次ぐ約20億6千万(バーツ・円換算2011年レート)の義援金と、国王陛下はじめ多くの人々からの心温まるメッセージを送ってくれた親日国・タイ
ขอบคุณ ขอบคุณ

戦時中だって日独伊三国同盟ばっかり言われるけど、Thailand(当時はシャムだったけどな)はAsia唯一の独立国にして貴重な同盟国(日泰攻守同盟条約)だった訳で。
リットン調査団が国際連盟に提出した満州国ありえないだろ決議に、世界中でただ1国だけ棄権票を投じてくれた国がタイなのよね。
(賛成42国・反対1国・棄権1国)⇐反対の1国が大日本帝国なのは言わずもがなだよな。

そんなタイで作られていたと思うと口中に拡がってくる「微笑みFlavor」はモノホンFlavorって感じで感慨深すぎてさ・・・

駄菓子屋で見つけたら即買の一手。

ガムを噛みながら思うのは、日本とタイの友好関係が長く、ロ~ングに続いていけます様に!って事ですわ!