東京スタンド―ドは存在しない駄菓子の世界。
平成も終わろうとしている昨今でも、関東エリア外でローカル色が強い逸品を目にし驚愕する事が多々あり!

いや・・・
むしろマンモス都市・東京ですら駄菓子の世界では「東京ローカル系」に過ぎないって事なのですYO

って訳で、今回は長崎県佐世保市が生んだ九州駄菓子界のスター・味カレーでお馴染みの㈱大和製菓「やまとの鯛あられ」を紹介しますYO!
DSC_1946
(色調・鯛の表情・文章etc・・・何をとってもパーペキ過ぎるだろ・・これは)

全国的にグンバツな知名度を誇る「味カレー」とは違い、関東圏ではあまり見かけることが少ない、希望小売価格20円(税抜き)の「鯛あられ」。

「やまとの~」シリーズは、その全てが(激)安+(激)美味。
だから初見だった筆者、迷うことなく4袋購入しちゃったよ。ある駄菓子屋でハケーンして、食べる用と鑑賞様ね(笑)

「食べればハッピーめでたい(鯛)」と、扇子をくわえた真鯛に言わせる力技は圧巻。

国内屈指の人気スポット・長崎ハウステンボスや、関東圏にまでその名を轟かすB級グルメの麒麟児・佐世保バーガーに加え、大和製菓の様な素晴らしかメーカーもあるなんて・・・

そりゃジャパネットたかたも本社を置きますよ。
羨ましかとよ、佐世保市民。
DSC_1947
(袋を開ければ飛び出てくるよ、粋のいいのが次から次へと!)

パリパリ頬張れば、口上に広がる仄かな甘みは、九十九島から見る絶景クラス。
まさに筆舌に尽くしがて~ッス!う・・美味え~!!

大和製菓のHPを拝見すれば、まだまだ手にしたことも口にしたこともない超レア物の逸品が数々見受けられまして。

やっぱり、どげんかせんといかんね。

まだ見ぬ九州ローカル系駄菓子を探す旅をしてー!と年甲斐もなく、心に小宇宙(コスモ)を燃え滾らせるのでした。

あ。
好きな戦国大名は龍造寺隆信です。