埼玉県春日部市。

当地出身の鎌倉武士・春日部氏に起因すると言う、何とも男らしい地名の由来!

市の中心部「春日部駅」周辺は、伝統工芸品桐箱・桐箪笥の職人が多く集まり腕を競いあった旧日光街道の宿場町・粕壁宿と重なり、大凧揚げで有名な北葛飾郡庄和町を平和裏に組み込む事に成功し、市域を絶賛拡大中。

クレヨンしんちゃんの舞台としても、お笑いコンビ・アンタッチャブルのザキヤマ(山崎弘也氏)の出身地としても知られる人口約23万人、歴史と文化とユーモアセンスが融合した独特の祭りを大切に後世に伝え続ける街。
DSC_1716
(大凧の里・春日部と描かれし実物大の大凧。デ、デケー・・)
DSC_1612
(区画整理で道幅が広がった南桜井駅周辺。キレイな家が多い!)

今回は、春日部市を東西を走る東武アーバンパークライン(旧・東武野田線)の南桜井駅から歩いてすぐのお店。

昭和45年(1970年)の創業以来、地域の子供達にはもちろんの事、巣立っていったかつての子供達(大人の事ね)からも愛され続ける素敵過ぎる駄菓子屋「水野玩具店」を御紹介します。
DSC_1604
(楽しそう!店に入りたくなるでしょう~。ドラえもんカワ(・∀・)イイ!!)

「水野玩具店」はその名の通り、元々の出自はおもちゃ屋でした。

創業時は先代のおばちゃん(2代目おじちゃんのお母さん)が切り盛りしていましたが、就学期を迎えた大量の団塊ジュニア世代とバブル前夜の盛り上がりがMixされ連日大忙し・・・

当時は外に働きに出ていたおじちゃん。
先代からの「手伝って」コールを受けて、店に立つようになりました!

そして、徐々に駄菓子・駄玩具類もラインナップに加わり、「水野玩具店」はまさに子供達のパラダイスへと進化していきます。
DSC_1607
(入り口付近から撮影。吸い込まれそうになるでしょ!楽しそう。)
DSC_1601
(子供の手に届きやすい様に、低位置が駄菓子の定位置なり!)

現在の店舗になったのは、今(2018年現在)より10年前の2008年の事。

旧庄和町と春日部市が平和裏にM&A・・・
もとい合併した際に、道路拡張工事が行われた南桜井駅一帯。
それに伴い現店舗に改装されたそうです。

「9mも道路が拡張されてね。9mもですよ(笑)。その際に今の形に改築して、オモチャ類も展示しているんですよ。子供達だけではなく、引率中のお父さんの中には子供以上に目を輝かせてみている人もいますよ(笑)」

楽しそうに店と周辺の歴史を話してくれたおじちゃん。
ウンウン相槌打ちながら笑ってくれているおばちやん。

時間を経つのを忘れてしまう位、御夫婦との話は楽しく、そして勉強になりました!!
DSC_1596
(現在も観賞用(非売品)に飾られるオモチャ達。サイコー!!)
DSC_1597
(その名も「昔のおもちゃミニミニ博物館」。春日部の名所だね、最早)

大人も子供も思わず夢中に・・・
店内を俯瞰するかの如く飾られるオモチャ達。
なかには「ハッ・・」と驚く様な年代物も見受けられます。

「ここに飾ってあるのは非売品なのよ~(笑)。ホラ、ここにあるでしょう『昔のおもちゃミニミニ博物館』って。当初は子連れの親御さん達に見てもらおうと少しを展示してたんだけど、気付いたらこんなに・・・(笑)。」と満面の笑みでおばちゃん。

いや~。
本当にスゴイ。
筆者世代(1970年代後半生まれ)の心にドストレートに突き刺さる逸品(ビックリマン・ミニ四駆・仮面ライダー・ウルトラマンなど)から、各世代に至るまで、心の中に強烈なスカイラブハリケーンを巻き起こす秀逸なオモチャばかり!!

それらを大切に保管して展示する「おもちゃを大切にする=愛する」心を育んでくれているんですねぇ・・・
2児の父である筆者、今一度愚息にこのスピリットを教え込みたい!と、心に誓うのでした。
DSC_1611
(おじちゃんプレゼンツ。桜台商店街の事が冊子になってるぞ!)

「水野玩具店」に訪れるのは駄菓子を買いに来る子供達、親子連れだけではありません。
ご近所さん達も御二人と世間話をしに気軽に店に訪れに来るんですよね。

「ここはまさに、『地域の要』みたいな場所ですね~」

と、感心する筆者に、「子供達だけじゃなく、地域のみんな、誰でも気軽に来れる店になる様、心掛けてます。言わば『地域のたまり場』ってヤツかな(笑)。地域外の人も来てくれるといいね。」

そう言って笑うおじちゃん、この「たまり場」スピリットを道の駅でも展開中。
道の駅庄和 道の駅よしみ にて。ぜひ行かれてみてください。

「また絶対に遊びに来て下さいよ。体が元気な内は二人で続けていきますので!どうぞお気をつけて」

そう言って筆者の帰りを見送ってくれた素敵な御夫婦の姿をみて、胸が熱くなったのはロンのモチです。
昔のおもちゃだけではなく、人としての温もりをも行く人来る人に教えてくれている「水野玩具店」。
皆さんも一度行かれてみてはいかがでしょうか!

「水野玩具店」アクセス
東武アーバンパークライン「南桜井駅」徒歩3分
埼玉県春日部市大衾496-23