見て楽しい(C)
もらってうれしい(C)
食べておいしい(C)
また欲しい(C)

昭和34年(1957年)の設立以来、上記の4C(フォーシー)をモットーに、一貫して子供達の笑顔の為に駄菓子を創り続けてくれているオリオン㈱ 。
ミニコーラやココアシガレットでお馴染みだよねぇ~。

薬をパロッて駄菓子に変えて、笑いをもって病を制す的スタンスは、さすが笑いの本場・大阪メーカーならではの力技には目を見張るものあり!

今回紹介するのはね。
人にはヒトの乳酸菌!でお馴染み。
世界中の腸内フローラを守り続ける「ビオフェルミン 」。

いや~。恥ずかしながら、不肖・某。
ビオフェルミンの味が好きすぎて、毎日食べまくって母親に「お菓子じゃないのよ。馬鹿じゃないの!!」と怒られていた幼少の頃を昨日の事の様に思い出します・・・

そのビオフェルミンが駄菓子になって登場!

おっしゃー!食ったるぜ!!
DSC_1179
(オ・・オロ??艶めかしい女性が?なんじゃこりゃーー)

おいおい。
腸内の乳酸菌じゃなくて、町内のオッサン達が騒ぎ出しそうな美人ちゃんがいるじゃないですか?

どうしたの?ビオフェルミン・・・

って思ったのも束の間、ビヲフェロモンになってるやないの。

フェロモンブイブイ!
周りの目をひとりじめ♡
美をフェロモンであらわしたい人に・・・

なんて書かれてるし!

来たよオリオンさん。
ここまでギャグに徹するとは、やっぱりハンパ無いッス。

製薬業界も笑って許すしかないですよね。実際。
DSC_1180
(カプセルラムネ・ガムシリーズは必ず裏面をチェックせよ!)

「ゲームは一日30分。そして、駄菓子は買ったら必ず裏面をチェックするんだぞ!」
あくまで噂だが、その昔ハドソンの高橋名人が言ったと言われる言葉、絶対忘れるべからずよ。

服用すべき症状の時が書かれている。まさに1万ガバス級の横綱技なり。
【こんな時に】
・パーティ―などで注目を集めたい時に、
 ゴージャスフェロモンで異性がむらがります。
・飲み過ぎると化粧がおちることがあります。

なるほど~。
夜の蝶に変身する為に服用せよ。
しかし取り過ぎはダメだ、屍へと変態してしまうからな・・・

って事ですね。
さすがオリオンさん。深い!!
DSC_1181
(錠剤風のカプセルはラムネなり。激ウマな所はビオフェルミン級)

1粒1粒噛み締め、フェロモン纏って、いざ出陣!
これで1袋=30円。
合コン・婚活なんでもござれ。ガッツリ意中の異性を射止めてみせます!

やっぱりコレ。
婚活パーティなんかで女性に配ったら面白いかも!

「堅苦しくなるなよ。まあ、とりあえず。これでも食って、落ち着いて、普段の君になってね。人生のほとんどの事、実際なんくるないからYO!」

オリオンさんのおくすりやさんカプセルシリーズの駄菓子群を前にすると、僕に、いや世界中にそう言ってくれている様な気がして、ホッコリしてきます。

オリオンさん。
コラボだ協業だ!と、色々言われているじゃないですか、昨今。
マジで婚活市場に売り込んでくれませんか?