東京都目黒区。

秋刀魚(さんま)と聞かば、その名を思い浮かべる人の多さは「明石家」レベル(目黒のサンマ

碑文谷・自由が丘・中目黒など、全国的にメジャーなセレブタウンと、周辺に居住するセレブを擁しながら、都立大学(2005年閉校。現・首都大学東京)や、東京学芸大学(1964年小金井市へ移転)など、今は無き学の誉れを駅名に残す天晴な心意気と、人情豊かな商店街を内服。

人口約28万人。
桜の季節に一度は行きたい目黒川の優しき流れに包まれし街。
DSC_0452
(高架下には商店街。土地を有効活用な東横線クオリティに脱帽!)
DSC_0450
(散歩やショッピングに向く目黒区の町並みはとてもシャレオツ!)

今回紹介する駄菓子屋は戦後すぐ(1945年)に創業。

以来70年以上に渡り、東急大井町線・目黒線「大岡山」駅~東急東横線「都立大学」駅周辺で育った各世代の子供達に愛され続けてきた「山口駄菓子店」です。
DSC_0444
(通りの角に面した山口駄菓子店。どちらからでも入店可能スタイル!) DSC_0447
(この紅き姿こそガチャの王道。思わず目を見張るよね、目立つし)

閑静な住宅街の中、遠目でも目立つガチャガチャや自販機、そして子供達の自転車の群れが目印!
どちらから入っても出てもOK方式の左右の出入り口もとてもステキですよね。

「あら、いらっしゃい。これから暑くなるでしょう、だからチョコ系の駄菓子の品揃え薄いけど、大丈夫かしら?」笑顔でそう出迎えてくれたのは、明るく楽しい名物のおばちゃん。
「山口屋駄菓子店」の3代目にあたります。 DSC_0435
(土間作りのスタイル。風通しが良いし湿度を抑えて夏でも涼しい日本家屋クオリティ)

筆者が訪れたのは、6月の或る週末。
今夏の猛暑を予期させるが如く、うだる様に暑い日の事でした。

読者の方からの「子供の頃からお世話になっている山口屋さんが、家を新築する為に店舗を解体してしまいます・・・・新居で駄菓子屋を続けてくださるのですが、慣れ親しんだ店が壊されちゃうのは悲しいです・・」と言う情報を頂きしましてね。
すわ!!とばかりに馳せ参じた次第なのです。

「7月の中旬(日程は当時は不明)から解体をはじめます。半年位かしらね?工事期間は。でも、店は新居になっても続けます。だから先日からチョコ(夏場は溶ける為生産停止)以外の駄菓子も仕入れは抑えていますね。無くなり次第、仕入は一旦終わり。駄玩具なんて、もうなくなっちゃった(笑)」とおばちゃん。

初代・2代目が築きあげてくれた土台を、おばちゃんが守り発展させてきた「山口駄菓子店」。

雰囲気・その造り・その匂いまでも。
代々の子供達(今では孫を連れて来る人も多いのだとか)にとっても、思い出深き大切な場所ですもんね・・・

筆者としては「間にあった!!!」と言う気持ちでいっぱいです!!
DSC_0446
(駄菓子屋ゲームも健在!!子供の頃、はまった人も多いんじゃない?)

「保育園・幼稚園に通ってる小さい子が好きそうな駄菓子と、小学生達の好きな駄菓子。全然違うのよね(笑)。そして中学・高校に上がるとまたガラリと変わるから。」

毎日の様に店に遊びに来る近隣の子供達の事を、とても嬉しそうに話してくれたおばちゃん。

そうして大人になって巣立っていった子供達が、成人後にひょこっと姿を見せてくれる事も楽しみの一つなのだとか!
いいですねぇ~。
DSC_0432
(壁面にガッツリ貼られしアニメや実写の絵画。レベル高え~~!)

「ズラッと貼られているこの絵、かなり絵心ありますけど、誰かプロ的な人が書かれたのですか?」

「山口駄菓子店」の壁にビッシリと飾られしアニメタッチな絵の数々に気付いた筆者の質問に対し、おばちゃんは「良く来てくれる常連の子がくれたのよ。上手でしょう!」とニッコリ。

この完成度はゴイスーですYO!
DSC_0440
(お店の人以外は、絶対にさわるな!クオリティは健在。さわるなよ!)
DSC_0448
(計算は今でもソロバンを使用。ボケ防止にも効果的なのだとか!)

土間作りで風通しの良い店内は、外より涼しいナイスな塩梅で超COOL!

新店舗がどのような配置・造りになるかはまだ未定との事。
「日本で一番駄菓子屋を見てきた人でしょう。どんな感じにしたらいいかね?」と雑談中に聞かれましたが、正直その時は答えに窮しました・・・

しかし、少しの時間を経た今なら言えます。

「山口駄菓子店」に毎日の様に遊びに来る子供達、多くを学び巣立っていった子供達、そしておばちゃん。
新しい店舗になろうが皆がいる限り、皆の大切な思い出がそこにある限り、どの様な造り・配置になろうとも、「我が山口駄菓子店は永久に不滅です!」なのだと思いますよ!

「新店舗になったら、また来てくださいね!この絵達も、アイスBOXやゲーム達、そしてソロバンもそのままに(笑)。待ってますからね!」とおばちゃん。

再開を心待ちにすると共に、旧店舗を知る一人でも多くの人にこの想いが届く事を願い筆を置く事にします。

じゃあね、そしてありがとう!旧店舗!

「山口駄菓子店」アクセス。
東急東横線「都立大学」駅 東急大井町・目黒線「大岡山」駅 徒歩5分
東京都目黒区平町2-6-5