味噌カツ・きしめん・手羽先・ひつまぶし・・・独自のグルメで日本を席捲。
信長秀吉・加藤清正(晴彦)に浅田姉妹・・・多くの英傑・人材を輩出し続ける人口約220万、16のトリプルアクセルな行政区をもつ名古屋市の1区・西区。

名古屋駅から徒歩圏内、悠々流れる庄内川の懐に抱かれし区域には、武家屋敷や円頓寺商店街 などの観光資源や、トヨタグループ(トヨタ産業技術記念館 )や森村グループ(ノリタケの森 )の発祥の地としての産業資源を擁し、そして、多くの駄菓子メーカー・問屋(明道町・新道)が集う事から「駄菓子の里」としても名高い人口約15万、那古野の歴史・文化を色濃く残す街。
DSC_0171
(円頓寺商店街の入り口には太閤・秀吉公が鎮座。信長公もいるよ!)
DSC_0172
(金のシャチホコが現れた。コマンド?)

今回紹介しますは、その西区・浄心の地で創業28年(2017年現在)の「にらめっこ」。

笑うと負けがにらめっこの勝負なら、来る子皆が負けちゃうよ!
とっても楽しくて笑顔がこぼれる駄菓子屋なんですよね~!
DSC_0161
(白と赤のコントラストが素敵!ワンダーランド的駄菓子屋。)
DSC_0162
(思わず中に吸い込まれそうになるよね!シャレオツだし!)

筆者が訪れたのは、ある冬の日の夕暮れ時の事。
オシャレな入り口越しから見える店内で、数人の女の子達が楽しそうに笑いながら駄菓子を選んでいる所でした。

少し時間を置き、女の子達が出て来たと同時に入店!

「いらっしゃませ。こんにちは!」

もうじき不惑(四十路)に突入するオッサン(筆者です)に対して、満面の笑みでそう言ってくれたおばちゃんに感謝しつつ、駄菓子をガッツリ見て回りました。
いや~楽しい!
DSC_0146
(このポップな店内見てよ~!ぬいぐるみや絵も沢山あってさ~)
DSC_0154
(駄菓子を選びながら、店内見回しても楽しめるんだよね~)

「ス、スゴイっすね・・・」

広い店内に置かれる駄菓子の陳列のキレイさ、充実のラインナップさ、そして、棚の上から「こんにちは~!!」と言わんばかりに飾られる多々のぬいぐるみに心を奪われまくり、無意識にブツクサ呟いていた事に気づく筆者。

怪しいオッサンじゃないですYOアピール(笑)とばかりに名刺を差し出すと、「えーー!東京から!!しかも、駄菓子屋を研究されているんですか???」と、おばちゃんは嬉しそうなリアクションをしてくれて・・・

その後。
浄心地区をはじめとする、問屋・メーカーが多い西区の駄菓子屋事情、子供達とのふれあい、人気の駄菓子や客層の変化に至るまで、多岐に渡り教えてくれたおばちゃん。

さらに。
「せっかく来てくださったんだから、主人も呼んできますね!御時間、まだ大丈夫ですか?」と、奥からおじちゃんを呼んできてくれると同時に、コーヒーまで頂いてしまいました。
かたじけない!
DSC_0150
(見て!この取りやすい・見やすい・買いやすい陳列を!いいね)
DSC_0153
(まさに『駄菓子の島』って感じでしょ!うまい棒のバリエーションは神!)

「にらめっこ」は、優しくキレイなおばちゃんと、紳士でパリッとしたおじちゃん(昔は怖かった!と本人談)の二人三脚体制。

子供達が買いに来れば話をヤンワリと話を中断して、優しく包み込む系スタイルで対応する御夫婦の姿は、見ていて心がとても和みました。子供達もとても楽しそう!みんな、笑顔×2なんですね~。

「怒られたけど、それも含めて楽しかった!」と大人になってからの再訪時に言いに来る子や、親子2代で通う常連の多さからも御二人の人柄が伺えますね!
DSC_0156
(もはやプロ級な子も!店に張られる子供達プレゼンツの絵たち)
DSC_0163
(袋詰めもイタリアリボンでオシャレ仕立て!このまま贈答できるね!)

御二人の機知に富んだ話を聞く筆者の顔は子供の様に笑顔。
それにつられるかの様に、おじちゃん・おばちゃんも笑顔。

そうか!
にらめっこって、笑うと負けだけど、勝った方も笑っちゃいますもんね。
駄菓子屋「にらめっこ」は勝敗に関係なく、「みんな笑ってちょ!」って場所なのです!!!

「大変でしょう。駄菓子屋を巡り歩くなんて・・・・そんな中、うちに来てくれてた。この御縁をありがたく思います。本当にありがとうございます。また機会があれば来てくださいね!」

名古屋の街に夕日が落ち、辺りが暗くなり始めた頃。
「にらめっこ」に別れを告げる際に、おじちゃんに言われた言葉と、それを隣で聞きながら頷くおばちゃんの笑顔に一瞬うるっとしましたが、にらめっこで泣く訳にいかん!とばかりに満面の笑みでそれに応える筆者なのでした!

皆さんも名古屋の「にらめっこ」で、駄菓子を選びながら大笑いしてみてはいかがでしょうか!

「にらめっこ」アクセス
愛知県名古屋市西区城西4-31-4
地下鉄鶴舞線「浄心駅」 徒歩すぐ