嗚呼。青春のチョコバット!
ズバ~ンとイカした駄菓子だぜ!

そのパッケージを初見した時、思わず口ずさんでいた「ドカベン 」のオープニング曲。

筆者が最も好きな選手は明訓高校8番ライト北君(山田君1年次)。
夏の甲子園で、大阪・通天閣高校の名投手・坂田三吉君(左投・左打)から勝ち越しのピッチャー返しを放ち、世のライパチ君(ライトで8番)達の溜飲を下げまくった名選手なのだが、そんな事「ドカベン」見ていない人にはフィルダースチョイス同様に訳わかめでしょうし、この辺で強制終了させて頂きます。う~ん、残念!!

大正10年(1921年)創業。
浜松市民の誇り 三立製菓㈱ の「チョコバットシリーズ」は、昭和39年(1964年)以来同社のクリーンナップを務める主力商品!
チョコが自然溶解してしまう夏季には出荷停止されてしまう季節商品ですが、その人気と桁違いの美味さは、筆者ごときが言及する必要が無い位、皆さんもご存じなのではないでしょうか。

そんな「チョコバット」をあえて明訓高校で例えるならば、ドカベンこと4番キャッチャー山田君。
その他、派生フレーバーは岩城君・里中君・石毛君って所でしょうが、「ドカベン」ネタは今回やめとこうと自分で宣言してんだから、もうそれ位にしときましょうよ、雲竜くん。

という訳で今回は新フレーバー。
ココア&コーヒーを練り込んだ新味「青春のチョコバット」をご紹介します!
rps20160928_225557
(逆転はドラマだ!!その通り。いつでも逆転できるよう準備せよ!)

ココア&コーヒー味・・・・・

しびれるような香りいっぱいの琥珀色した飲み物ですよね、昔アラブの偉いお坊さんプレゼンツの!

コーヒーブレイクにコーヒー要らず!って訳ですな。もう技あり一本。
ヒットエンドラン的組み合わせに、三立製菓さんのやる気具合がビシバシ伝わってきますわ。
rps20160928_225611_121
 (ローマ字表記!!なんて激シブなんだろう。やっぱすごいわ!)

SEISYUN NO CHOCO BAT表記も痺れますが、右側のスコアボードに注目!

ちょっと見づらいかもしれませんが、上=SANRITSU 下=CHOCOBAT 6回裏で3対3 一打逆転のチャンス!なんすよ。
芸の細かさは流石なり。

逆転はドラマだ!

そう。逆転はいつでもドラマチックなのですね。
rps20160928_225633_772
(チョコはコーティングされておらず。内部にチョコInスタイル!)

外側がチョココーティングされた「チョコバット」的な姿を想像していた人、ストラックアウト!!

カステラ状の中にチョコがINされている新食感。

ココアの甘みと、コーヒーのビター感。青春時代は少し甘くてほろ苦い・・・ってね。
1本=30円でそれを出せるなんて・・・・・
三立製菓さん、「青春のチョコバット」は貴社から若人達に向けてのエールであると、筆者は受けとめましたぞ!本当にありがとう!!

青春を謳歌している(していなくても良い)若人達へ。
放課後のエナジーチャージに是非「青春のチョコバット」を食べてみてくだされ。

そして、かつて青春時代を送った一人のオッサンとして君等にエールを送る事をもって結びに代えさせて頂きたい!!

夢があるから青春だ。打っても投げても力の限り。ああ、青春よいつまでも!!!!と。