群馬県みどり市。

深遠かつ広大な関東ローム層から打製石器を初めて発掘し、日本に旧石器時代があった事を証明した在野の偉人・相沢忠洋氏に敬礼!(岩宿遺跡

平成の大合併において、桐生市に挟まれた笠懸町・大間々町・東村が合体して誕生。
足尾銅山で採掘された銅を運ぶ道「銅(あかがね)街道」と悠久の渡良瀬川が市内をいい感じで走り、歯の化石である「コノドント」が市域で大量に見つかった事(参照みどり市大間々博物館)でも知られる人口約5万、豊かな自然と古き良き人情・旅情が溶け込む町。
rps20150808_222958_448
 (大間々駅より徒歩圏内で行ける美しき渡良瀬川の高津戸峡。)
rps20150808_222851_884
 (町一丸となっての活動に感動。素晴らしき「三方良しの会」)

今回の舞台は、渡良瀬川の魅せる景観美(高津戸峡)や、「銅(あかがね)街道」の宿場町としての面影を色濃く残し、その情報はもちろんの事、見過ごしてしまいそうな町の活きた情報までも「三方良しの会」を中心に世に発信している大間々町。

「三方良しの会」With大間々高校生の「大間々街歩きMap」も最高に分かりやすく面白い!
さらには駅前のレンタサイクルも無料だし、観光案内所も親切このうえなかった。

オッサンすごく感動したYO!好きになってしまったじゃないか!大間々。

そんな素敵な町・大間々の子供達や、巣立っていった子供達の心のオアシスともいえるおもちゃ・プラモ+駄菓子のお店「コモリヤ」をご紹介します!
rps20150808_223027
 (見よ素晴らしきこの佇まい!!!思わず二度見しちゃうよね!)
rps20150808_223222
 (ガチャガチャの多さは天下無双。買っちゃうね。いくつになっても男は)

おもちゃ・プラモデル(ミニ四駆用のコースもあるYO)でいっぱいの店内。
かつては通りを挟んだ反対側で、蔵のある大棚でおもちゃ屋を営んでいた「コモリヤ」ですが、現在の場所に移り駄菓子を置き始めたのが今(2015年現在)から約30年前。

当初は、いつの時代も遊びに全力投球な男の子達に向けて、ホワイトデーのお返し用として置いた駄菓子(くー。なんて気が利くのよ!!)がキッカケでした。
しかし、気付けばその数が徐々に増えていき、今では駄菓子は「コモリヤ」のクリーンナップをつとめる存在になりました!
rps20150808_223112_275
 (入ってすぐの目立つ場所にある駄菓子!楽しいYOOO!)
rps20150808_223132
 (キョロちゃんがお出迎え!男子には堪らない空間!!)

入り口付近にある駄菓子コーナー。
さらに奥には入るにつれて広がる「コモリヤ」ワールド。
おもちゃ・駄玩具をはじめトミカやプラモデルまでもが充実、大人の筆者でさえも瞬時に子供の世界へと誘われてしまう不思議な魅力に包まれていました。

「つい先日、就職して独立した子が実家に帰ってきた際にブタメンを食べにウチに来てくれました。元気そうでうれしかった!」と、大間々の移り変わりから子供達との思い出について話してくれたのは、優しい目が印象的だったおばちゃん。

筆者が伺った日、留守だったおじちゃん。
「どちらかが病気したら、ウチは終わりだわ(笑)」とほほ笑む姿に、おじちゃんと二人三脚で大間々の子供達を見つめ続けてきた凛とした誇りを感じました!元気でやり続けてくださいよ!
rps20150808_223319
(いわゆる駄玩具の類も充実。これは楽しい!!!)

おばちゃんと楽しく話している刹那、フッと視界に入ってきた懐かしき色した箱。

お・・おおおお!!!こ、これはーーーー!!!

「程よい大きさで重宝してたの!最近はもうなくなっちゃったけどね・・・」とおばちゃん。

何のことかって?これだよ、この箱。覚えているのは30歳以上確定なり!
rps20150808_223236_650
 (この箱。この箱。おばちゃん、ありがとう!これ好きだったんだ!)

そう。
筆者が子供の頃、大好きだった「元祖チョコFOカステラ」の箱。

製造メーカーの「坂口翁」は完璧に無くなってしまったか?技術・製品名を譲渡したのか?
詳細は不明ですが、この箱の中にバラで積まれたUFO型のチョコは世界中どこを探しても、もう無いって事です。
※味も形もクリソツ。後継については植竹製菓 チョコフォーカステラをご参照ください。

もう見る機会はないとあきらめていたのに・・・20年以上ぶりの再開。身も心も小刻みにビートしっぱなしです。
例えるならば小6くらいで転校してしまい、以来一度も会っていなかった幼馴染に、社員旅行訪れた熱海(石和でも良いよ)の狭いサウナ室で偶然再会を果たした様な感じ。スゲーでしょ?

そんな「元祖チョコFOカステラ」の思い出を話す筆者を、大間々の子供達を見つめるが如く優しい目と雰囲気で包み込んでくれたおばちゃんに感謝!

皆さんも、小旅行にはもってこいの大間々町での町歩きはいかがでしょう?
そして、心の中の掘り出し物を見つけに「コモリヤ」に足を延ばしてみてはいかがでしょう!!

「コモリヤ」アクセス
東武桐生線・上毛電鉄上毛線「赤城」駅 徒歩15分
わたらせ渓谷線「大間々」駅 徒歩5分
群馬県みどり市大間々町大間々1021