静岡県静岡市・清水区。
かつては東海道の宿場町(江尻宿)として栄え、清水の次郎長・さくらももこ等の著名人を多く輩出し、三保の松原・日本平などの名所旧跡にも恵まれ、何より私の好きな映画ランキング不動の1位「ビーバップ・ハイスクール」のロケ地でもあるこの街で、今年の8月に新規OPENした駄菓子屋さん「めだか屋」を御紹介します。
DSC01005
  平成23年8月OPEN。76歳の植田さん(一番左)が起業。なんとも・・

「めだか屋」は本来の駄菓子屋業と子供向けの教室(無料。宿題やったり・オセロ・将棋等)の両輪を営んでいます。
地域社会の繋がりの欠如は東京のみならず、ここ静岡県でも顕著に表れて来ている事に危機感を募らせ、元保育士・元校長先生だった経験・知識を地域に還元する「めだか屋」オールスターズ。(ちなみに全て無償ボランティアです。)
「誰でも立ち寄れて、誰もが挨拶をしあう。そうした町を後世に残したい」素晴らしき理念と行動力ですね。

DSC01002
 輝いた顔のオールスターズ。前列左のシャバい面した兄ちゃん=筆者

奥座敷には子供達が自由に入れるスペースがあり、放課後(火曜・木曜・土曜のみ営業)は子供達の格好の学び舎になります。
人との縁を大事に活動している「めだか屋」の精神スタイルは終活。今までの人生で得た経験・知識を前を向いて倒れるその日まで地域社会の為に役立てて行きたいとの願いを実践している所がスゴイです。

現在は終活+心活(心で繋がる活動)のマッスルドッキングさせたいとの夢・・シルバーレボリューション爆発ですね。必ず叶いますYO。


遠方からアポなしで訪ねた私達を、まるでわが孫を愛でる様に可愛がってくれた「めだか屋」。
駄菓子屋さんが果たしてきてくれた何かがここにはある!そう実感せざるを得ません。


「まちなびや」・「めだか屋」が地域社会復活や無縁社会打破へ向け栄光の架け橋を築いてくれている今、こちとら東京砂漠に立ち還り、若者・無業者に雇用をリレイズさせ、結婚や出産率UPに向け一石を投じ続けようと志を新たにしました。


閉店を確認いたしました。永らくの間、お疲れ様でした。
そして、本当にありがとうございました!

めだか屋アクセス
JR東海道線「清水」駅、徒歩15分
静岡県静岡市清水区二の丸町

大きな地図で見る