東京都江戸川区・松島。
西に荒川・中川を擁し、都立江戸川高校・私立関東一校を始めとする高校と、区立の小中学校が乱立する都内屈指の学校集約地帯です。

今回はそんな松島周辺の子供達の放課後の憩いの場、駄菓子屋・なみきを紹介します。
DSC00980
(4時過ぎになると子供の大群が押し寄せる。)

二枚目気取りの秀才もあのいやな悪党番長も胸弾ませ買っているなみきで駄菓子を~

目の前には安全地帯的な駐車場があり、勉強する気もしない気もこの時にかかっているんだYOと言わんばかりに駄菓子を頬張る少年に、遊びに興じる少年、それらをじっと見つめる女の子etc昭和の時代にタイムスリップしたかの感覚に陥ってしまいます。

DSC00979
 (車社会と子供社会の緩やかな関係。昭和はまさにそれであった。)

ここ、なみきでは5時半になったら子供達を家に帰すという不文律が存在します。
「親御さんが心配するからねぇ・・暗くなる前に帰すんだYO」なみきのおじちゃん(おばちゃんと交代でやってます)は言っていました。
DSC00983
 (子供達が帰りほっと一息のところ。お疲れ様です。) 
 
にしても、交通量はさほど多くなく、まさに学園天国な町、松島。
近接の駅が新小岩でやや距離がある事を除けば非常に過ごしやすく環境もいい町と言えます。

そして過ごしやすい町には必ず「過ごしやすい環境を維持する」人や物・店が存在します。なみきもまさにそれにあたるのでしょうや!
帰りがけ、荒川を渡る際夕焼けがとてもきれいでした。なみきと夕焼けのダブルパンチで僕はしばらく昭和モード突入です・・・
DSC00982
 (夕焼けを見るとあの日に還りたくなる。あの日とは?)
閉店を確認いたしました。永らくの間、お疲れ様でした。
そして、本当にありがとうございました!


なみきアクセス
JR総武線「新小岩駅」徒歩10分


大きな地図で見る